身体に大切なミネラルと酵素について

酵素は全ての生命活動を行う元であり、その種類は20000種以上あることが分かっています。
酵素が十分に働くためにはミネラルが必要であり、ビタミンやミネラルの働きを助けるのも酵素の役割です。例えるなら酵素とミネラルは自動車の両輪のようなものなのです。
さらにそこに水が加わることでミネラルが体に行きわたり、酵素が生命を維持できるのです。その水は消毒の為の塩素が添加された水道水ではなく「よい水」を選ぶ必要があります。



ミネラルとは

健康を維持するために必要なもの!
ミネラルは生命活動の維持に欠かせない栄養素で、カルシウムや鉄分などの無機質のことです。五大栄養素の中でも最も重要で、身体の発育・代謝・生理作用をコントロールする働きがあります。ミネラルはビタミン・ホルモン・酵素・酸素を動かす触媒であり、それらを十分に働かせます。


ミネラルが不足するとどうなる?
私達の身体はミネラルバランスを保つことで健康を維持できます。ミネラル不足は、様々な生活習慣病や精神疾患を引き起こすと言われています。現在食物に含まれるミネラル量が昔に比べ非常に低下しているため、ミネラルを体に摂り入れる様々な工夫が必要と言えます。




酵素とは

私たちの体に、なくてはならないもの…
酵素は「命のろうそく」と言われるほど、体にとって大切なもので、生命活動の全てに関わっています。一生のうち体で作られる体内酵素の量は決まっています。20代をピークに次第に作られる量が減り始め、40代からは急激に減りだします。体内酵素(潜在酵素)は食物を消化・吸収する消化酵素と体の新陳代謝を司る代謝酵素に分かれます。

生野菜やフルーツに
たっぷり含まれています

酵素は生野菜やフルーツ、納豆やお味噌、醤油などの発酵食品に多く含まれています。しかし48℃以上で2分間加熱すると、死滅してしまいます。市販の酵素ジュースは食品衛生法により加熱処理されており、生きた酵素がほとんど入っていないものも多く注意が必要です。

現代人は酵素が不足しています
現代社会には酵素を消耗させる要因がたくさんあります。食品添加物や農薬が多く含まれた食事、酒やたばこなどの嗜好品、薬、サプリメント、環境汚染、ストレスの多い生活環境などです。これらの要因が酵素を無駄遣いさせ、結果的に肌荒れや冷え性、肥満や疲労、生活習慣病などを引き起こし、健康や美容を損なうことになってしまいます。

酵素がもたらす健康効果

1.ダイエット効果が高まる
食事で酵素を補うと体内の消化酵素の消耗を防ぐことができます。その結果、代謝酵素が十分にはたらき身体代謝があがるため、ダイエット効果が高まります。

2.痩せやすい体質になる
消化酵素がきちんとはたらくと栄養素が体内に十分に行き渡り、空腹を感じにくくなります。過食をすることもなくなり、代謝もあがるため、結果的に痩せやすい体質になります。

3.アレルギーが改善する
細菌やウイルスの攻撃から体を守る免疫力の向上にも、酵素がはたらいています。免疫力がアップすることでアレルギー改善も期待できます。

4.気持ちが前向きになる
脳の活動にも酵素が使われています。十分な代謝酵素は脳や体の隅々までエネルギーを届けてくれるので、頭がすっきりして気力も充実してきます。いつも前向きな気持ちで活動することができます。

5.疲れにくい体になる
十分な代謝酵素は疲労回復にも使われます。また、代謝酵素によって体内の老廃物が排出され、新陳代謝が進むと疲労が溜まりにくい体になります。

6.アンチエイジングになる
代謝酵素は細胞の新陳代謝にも関わっています。新陳代謝が活発になれば、アンチエイジングにつながります。美肌効果も期待できます。